Gallery

| Clip to Evernote

サボテンギャラリー

Go!実生編

サボテンギャラリー・実生編

サボテンギャラリー・実生編

実生(種から発芽させて育てること)苗の育成ギャラリー。
あんまり写真をマメに撮ってないから、なんか途中経過がなくてつまらないかも。
多分珍しい水耕栽培にも挑戦した。
ハイドロカルチャーにもチャレンジ。
種から育てるのはちょっと大変だけど、たくましく育つ。
種は何が入ってるか分からない「混合」と「金鯱」と「自家製の混合」(同じ種類2株の花が咲くことはないので、新種かもしれない?w)で挑戦。

Go!水栽培編

サボテンギャラリー・水栽培編

サボテンギャラリー・水栽培編

サボテンの水栽培(水耕栽培)にチャレンジ。
株が水に浸らなければ、根が水の中にずっと浸っていても腐らない。
部屋の中では日光が足りなくて徒長しちゃうので、
途中で中断してるけど、水栽培自体には成功している。
根の成長も早く、水栽培はかなり有効な栽培方法だと分かった。
腐らせないポイントは、
サボテンの株には水を付けないことと、根は完全に水に浸さず、上の方は呼吸できるようにすること。

Go!サボテンの花編

サボテンギャラリー・お花編

サボテンギャラリー・お花編

サボテンの花は美しい。
まるで偽物のようなパリパリした花びら、プラスチックのような質感…w
でも美しい。
殆ど手をかけずに放置しているにもかかわらず、
毎年綺麗な花を咲かせてくれるサボテンは、
とてもたくましいあたしの相棒。
開花年齢は種類によっていろいろだが、
根が元気なサボテンは放置プレイにも耐えて花を咲かせる。

Go!刺が魅力編

サボテンギャラリー・棘が魅力編

サボテンギャラリー・刺が魅力編

サボテンの魅力はやっぱりその棘にあると思う。
刺の強い金鯱が一番好き。
白い刺、綿のような刺、赤い刺、どれも好き。
この写真は「金鯱」というあたしの一番好きなサボテン。
大きくなると直径3メートルとかになるらしい。
そんなに育ったらどうやって植え替えようか…==;
なんて心配しなくても鉢植えではそこまで大きくならないらしい。
この株で直径30センチくらい。
殆ど植え替えないため成長は遅い。
ちなみに開花年齢100歳w
あたしが生きてる間にこいつの花を見ることはできない…。

Go!サボテンファーム

サボテンファーム(農場)

サボテンファーム(農場)

サボテンファーム(農場)にお邪魔しました。
広大な敷地、ひろ~いサボテン畑、巨大なビニールハウス…。
ずらりと並ぶサボテン、サボテン、サボテン!
絶景だった☆
すっごい暑い日にビニールハウスはかなり危険。
サボテン農家って大変なんだなぁとしみじみ思ったり。
でもサボテン農家とか、サボテン公園とか、夢だな~。
無理だけどw
(サービスショットが含まれてます

Go!番外編

サボテンギャラリー・番外編

サボテンギャラリー・番外編

サボテンは同じ種類が2株以上あると結実するらしい。
うちのサボテンは同じ種類がないのに結実するという不思議。
小さい小さい実だけど、サボテンの果実だから一応食べられるんだ。
そして種を洗って取っておけば発芽させて育てられるんだ。

サボテンの種の自家採取の模様とか、
ジャンク屋さんで見つけたサボテンストラップとか、
アロエとか、ここではちょっと番外編を紹介。

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…