病的溺愛シンドローム > web制作あれこれ > サーバー関連 > サーバーお引っ越しの詳細

サーバーお引っ越しの詳細

Posted on 2011年11月3日 | 1 Comment| Clip to Evernote

病的溺愛シンドローム(このサイト)と、同じlovesicklyドメインのサイトを
新しいサーバー HostPapa に引っ越しました。
ちなみにまだ移転作業は終わってなくて、
投稿を公開する画面で

Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /public_html/yuina/wp-includes/post-template.php:52) in /public_html/yuina/wp-includes/pluggable.php on line 934

なんていう 恐怖のエラー表示が出ます。
でも投稿はされてるみたいだからとりあえず放置!
(いや、ちょっと時間なくて;)
移転作業は亀のペースで進めていこうと思います。はい。 

せっかくなので両サーバーの使い心地などをメモしておこうかなと。 

今まで使ってた Web Hosting Pad は別のサイトで使ってるんだけども

容量とか転送量とかデータベースとか諸々無制限で
海外格安サーバーの割りに速度的にもそんなに遅くなかったし
ダウンすることもあんまりなかったし…
結構使い心地はよかったんだ。

ただねぇ…
メモリーだのCPUだのを喰いすぎ!って理由でさくっとアカウント凍結されるんです。
警告一切なし。
止めましたってお知らせもなし。 
ある時突然表示できなくなって、ftpも繋がらなくなって、cPanelにログインできなくなる。
このサイトのディレクトリだけってんじゃなくて、アカウント丸ごとですよ。
なんとも容赦ない。

でも素晴らしいのはサポートの速度で、
度々垢BANされてる私の経験では、どんな時間帯だろうと
サポートにチケットを送信(問い合わせ)してから3時間以内には返事が来てた。
いや、多分3時間どころじゃない、実際には1時間以内だと思う。
ホントに迅速。

私が「サイトが表示されません。cPanelにログインできません。」という
エキサイトしてる機械翻訳の問い合わせを送ると、
少しして「yuinaディレクトリでリソース喰いすぎだから凍結したよ。いったいどんなことやってるのか詳しく説明なさいっ」
って返答が届くわけです。
焦ってる私が「WoredPressをインストールしています。WordPressのプラグインを紹介するブログを書いています。最近更新していません。アクセスも多くはないはずです。」
みたいなことを正しくないんだろうな…な機械翻訳で送ると、
数分後に「凍結を解除したよ。WordPressを使うときはこんなことに気を付けて軽くするといいよ。」
な感じのメールが来てめでたく復帰できるわけです。

いつもなら。

ただねぇ… 
あまりにも頻繁だったもんで…
ついに仏の顔も三度どころじゃない鯖管を怒らせてしまったようでw

「yuinaディレクトリを凍結する代わりにアカウントを復帰してやってもいい」

ときたわけです。
ここがメインサイトなんで、これは一大事。
でももう「わかりました」というしか選択肢はなくw
慌てて HostPapa を借りて lovesicklyドメインの移植を開始。
もうFTPでフォルダを開くことすらできないので
「サイトを別のサーバーに移転するのにデータをダウンローすることが必要」
とお願いしてyuinaディレクトリの中身は圧縮ファイルで
ルートディレクトリに置いてもらったわけです。

プラグインとかクリッククリックでインストールできる便利さで…
画像とかもクリックだけでアップロードできる便利さで…
データベースのバックアップはたまにとってたけど
ファイルのバックアップをとってなかったのですよw

で、lovesickly.comは元の鯖で生きてたわけですが…
yuina.lovesickly.comを別の鯖に移すとなると
ドメインごと移さなきゃいけないわけですよね。うん。
作業に時間がかかるのも、その時間が取れないのも分かってたので
とりあえず生きてるところはそのまま生かしておいて、
違うURLでWordPressをインストールして
せっせと移行作業してたわけです。

はて…アクティブにしてたプラグインはどれだったろうか…
とか
同じような機能のプラグインをいくつか入れたけど結果どれを使ってたんだっけか…
とかとか
このプラグインの設定はどうしてたっけか…
とかとかとかw
すっかりさっぱり忘れ去ってることが多すぎて苦戦しましたw

幸いにもphpMyAdminに入れたので
プラグインの設定とか必要なテーブルはそのまま持ってきたりもできたけども。
できるだけDBにゴミを増やしたくなかったので
できる限りインポートしないで手作業でぽちぽちと…w

努力の甲斐あって、
今までウィジェットの管理画面が正常動作しなかったんだけど
それがすっかり直りまして。
そんな気はしてたけど案の定何かのプラグインのゴミのせいでしたよ。
こういう問題を放置してたから何にも動かしてないのにリソース喰いすぎ
なんていうとんでもないサイトになってたんでしょうね。
普通にサイトを運営してる人なら追い出されることはなかろうて…orz

反省はしてる。うん。
今度はなんかもうどうしようもなくおかしいなぁ…ってなったら
ちゃんとWordPressをクリーンインストールしようと思うよ…。
面倒だけど…。

しかし今回は運がよかった。
HostPapa 借りてすぐのタイミングで政府介入のおかげで円高にピリオド。
いやぁ…Paypalでちゃっちゃと決済しといてよかったです。
クレジットカードだとほら、決済日ずれたりするし。
前からどっか借りようと思ってたからちょうどよかったんだ。

あ、ちなみに HostPapa もドメイン1個無料だけども、
ドメインの更新にはお金がかかるし、
ドメインプライバシーに別途お金がかかるので、
今回はドメインは付けずに借りました。
無料期間の1年だけテストサイト用にでも使って
その後も使いたければ国内の管理会社に移管ってのも考えたんだけど
英語がダメな私には
ドメイン移管したいんですけどどうしたらいいですか
っていう簡単なメールが送れる自信がなくw
いいよ…めんどいから…ってなったわけです。

さて。今度借りた HostPapa の使い心地はどうでしょうね。
私は何故かカナダのHostPapaを借りてしまい
なんにも考えずにデータベースを作成したら言語がスウェーデンだったw
ということに気付かずあらゆるプラグインが文字化け現象で
なんでー>< なんでー><
とひとしきり騒ぎましたがw
phpMyAdminから入って言語を変えればいいだけです。はい。
でもインストールした後に気付くと
インストールしたプラグインのテーブルまでぽちぽちと言語を変えないと
全部スウェーデンになったままなんで
言語は早めに変えた方がいいです…(´・ω・`)

そんな最初のミスはさておき、
とりあえず今のところ快適に動作しています。
このサーバー。
これから最低3年はよろしくw 

Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本 Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本
服部 洋二,田中 充

ソーテック社
売り上げランキング : 1193

Amazonで詳しく見る by AZlink


この記事は 2011年11月3日木曜日 の 8:52 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

1 Comment for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…