病的溺愛シンドローム > 中の人 > 美容とコスメ > 英国式コルセットについて

英国式コルセットについて

Posted on 2008年02月10日 | 英国式コルセットについて はコメントを受け付けていません。| Clip to Evernote

以前書いていたブログが消えちゃったので過去の記事を救済しておきます。at 2006/08/21
長いので「Read the rest of this entry」をクリックして下さい。

コルセットで検索して辿り着いた方が結構いたので、ここらで英国式コルセットについて説明しておこうかと思います。
あたしが使ってるものは ランジェリーショップで売っている「伸縮性のある生地と軟らかいボーンでできているコルセット」じゃなくて、ロリータ御用達の可愛らしいお店で売っている 「装飾性が高く締め紐がリボンだったりするコルセット」でもなくて、健康器具などを売っているお店の「腰痛緩和若しくは改善のためのコルセット」でもない です。
英国式コルセットは殆ど伸縮性のない生地でできていて、スチールボーンが使われています。
ヨーロッパで中世より使用されているウエストを締めて細くするアレです。
無理な使い方は身体に害を及ぼしますし、着け続けなければ矯正効果は発揮できません。
使用方法については販売店で教えてもらえると思うので基本的な事は省きますが、コルセットを正しく使えば無理なく美しいウエストラインを作る事ができます。
ダイエットにも効果的だし、肋骨と骨盤の矯正をする事もできるし、前バスクの長いものを選べばお腹抑え効果もあるという優れものです。
あたしの場合はオーダーメイドの補正下着を作ってるお店でフィッティングをしてもらったときに、肋骨と骨盤の間(つまりウエスト部分)が狭すぎるので、補正下着でもウエストのくびれは作れないと言われました。
数年間諦めていたのですけど、辿り着いた先が「じゃぁ矯正しちゃえばいいじゃん♪」だった訳で。
骨を矯正したところで肉は移動しないから、脱げば戻るけどね?
服の上から綺麗ならいいんですwという訳でコルセットトレーニングに踏み切りました。
結果的にウエストの細さは満足してます。
元々馬鹿食いするタイプだったんですけど、物理的に入らないので食べ過ぎる事もなく、結果的に体重も維持できます。
で・も
これからコルセットを購入しようと思ってる方は、しっかりリスクがある事も知っておいてほしいです。
まず、脱がなければ綺麗なウエストですけど、余った肉があるなら脱いだら戻ります。
コルセットは1日24時間着け続けるものです。
ゆっくりマイペースで締めていきます。
夏は暑いです(;´▽`A“
ブラ+インナー+コルセット+洋服 ですからねぇ…。当然ですが。
インナーを着用するのですけど、縫い目とか布の重なった部分とか、ずっと圧迫されていると痛くなったり痒くなったり…。
インナーの素材にも注意が必要です。
慣れないうちは寝ている間に無意識に外していた…なんてことがある程苦痛だと思います。
最初のうちはホント辛抱が必要です。
慣れるとコルセットを着けたままかがんだり動き回っても全然平気になります。
あたしなんてしゃがみ込んで農作業してますから(笑
でもその頃にはきっともう脱げないカラダになってます。
どうしても同じ部位がずっとこすれているとか、圧迫されているということがありますから、皮膚ががさついたり色素沈着をおこすことも。
また、ずっと着け続けるということは血行不良の原因にもなりますので、冷え性になったり、下半身がむくみがちになったりすることもあります。
がっちり腰を支えてくれちゃうので腹筋・背筋が衰えたりします。
お腹を意識するように心がけないと、外しているときにぽっこりお腹…になるかも。
コルセットに頼ってしまって姿勢に気を付けないでいると猫背になります。
不快感を我慢できてしまえばコルセットって楽なんです。
その分お風呂にはいるときは全身が映る鏡で姿勢や肌の状態などを念入りにチェックするなど、心がけたいですね。

筋力や姿勢は日頃の心がけでどうにかなるのでおいておいて、脱げないカラダになる一番の原因は色素沈着などの肌トラブルだと思います。
どんなコルセットを選ぶか、どんなインナーを使用するか、肌質に合わせたケアなどをしっかり考えてからコルセットを購入した方がいいです。

前バスクの短いコルセットは手軽で、ファッションも選びませんし、使いやすいと思います。
でも骨盤の矯正はあまり期待できないし、お腹抑え効果はイマイチ。
おへその辺りでお肉の段が…(;´Д`A “` なんてことも。
前バスクの長いコルセットはちょっと動きにくいですが、お腹に段がつきませんし、骨盤の矯正もできます。
でも主に骨盤の所に肌トラブルが出やすいです。
一番締め付けているウエスト部分に色素沈着など肌トラブルが出やすいのはどちらでもあまり変わりません。
オーバーバストコルセットとアンダーバストコルセットでは、アンダーバストコルセットの方がお薦めです。
コルセットにはブラジャーのような寄せて上げる効果はないので、ブラ着用+アンダーバストコルセットにしたほうがバスト崩れしなくていいと思います。

インナーはできるだけ縫い代の部分が厚くないものがお薦めです。
とはいえ…縫い目のないインナーはありませんし、アウターとの組み合わせもありますから、こればっかりは難しいですね。
コルセットは基本的に洗えないものなので、インナーはある程度汗を吸ってくれるものでないといけません。
夏場は特に着替えのインナーを持ち歩く必要もあるかもしれません。

あたしの肌は荒れやすい方なので、コルセットで脱げないカラダになりました。
最初にチョイスしたコルセットが前バスクの長いものだったので合わなかったのかもしれません。
でもコルセットはずしたら戻ると思うと…やめられないです。
覚悟あってのことなので後悔はしてませんが♪
これからコルセットを購入しようと思ってる方は、是非目的に合わせてしっかり選んでくださいね^^

コルセットについて後日談とか詳細情報をそのうち書いていこうと思います。
まぁ、そのうちそのうちw


この記事は 2008年02月10日日曜日 の 5:52 PM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

コメントは閉じています。

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…