病的溺愛シンドローム > WordPress > プラグイン > コード表示・自動整形 > WordPressで自動整形しない – Raw HTML capabilityプラグイン

WordPressで自動整形しない – Raw HTML capabilityプラグイン

Posted on 2009年02月17日 | 6 Comments| Clip to Evernote

制作中のページをごにょごにょしていたら、どうしても越えられない壁にぶつかった。
ブログパーツのような単一のJavaScriptは、ビジュアルエディタで書かなければ埋め込めたんだけど、JavaScriptと他いっぱい…っていうコードを埋め込もうとすると
「br /」とか「p」とかいうタグが勝手に挿入されてしまう。
そのお節介機能を「自動整形」というのだけど、そいつのせいでJavaScriptが動作しなくなっちゃったりするんだ。

で、WordPressの自動整形を止めるプラグインを探してみた。
まず試してみたのがRaw HTML capabilityプラグイン。

普通にインストールして有効化すると、投稿画面に Raw HTML のボックスが表示されるようになる。

Raw HTML

Raw HTML

自動段落を無効にするとか、スマイリー使わないとかそういうオプション設定。

全部にチェックを入れて投稿してみたけど、自動的に「br」とか「p」とか挿入されて改行されちゃったんだよね。
あれ?おかしいなぁ。

部分的に自動整形を止めるには

<!–start_raw–>JavaScriptの中身 <!–end_raw–>

(<>は半角)または

[raw]JavaScriptの中身[/raw]

([]は半角)のようにタグを挿入する。

投稿してみたところ、JavaScriptはちゃんと表示された。
でも編集画面にはしっかり「br」とか「p」とか挿入されてるから、
保存した後にどこか修正してもう一度保存…とやると
普通に改行とか入っちゃってJavaScript壊れる。
自動挿入されちゃった「br」とかを手動でぽちぽち消してから投稿するべし。

っていう若干の不便さはあるものの、長い複数のJavaScript(とその他)を表示させるっていう目的は達成できたので、まぁいいんじゃないかな。

その”若干の不便さ”をなんとかしたいなーとか欲をかいて、
英語がよく分からないからとりあえず同じような機能がありそうなプラグインをいくつか試してみたんだけど…。

Disable wpautop → うまく動いてないっぽい。
PS Disable Auto Formatting → 改行を消さないようにはできたけど、改行を入れないようにはできなかった。
WP Unformatted → カスタムフィールドに出現せず。

という結果になったので、とりあえず修正するときに「br」とかをぽちぽち消す手間は省けないんだなと諦めることにする。


この記事は 2009年02月17日火曜日 の 12:53 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

5 Comments for this entry

1 Trackback or Pingback for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…