病的溺愛シンドローム > WordPress > プラグイン > コード表示・自動整形 > WordPressで自動整形しない – WP-UnFormating

WordPressで自動整形しない – WP-UnFormating

Posted on 2009年02月19日 | 2 Comments| Clip to Evernote

先日紹介したRaw HTMLプラグインと同じような機能の
WordPressの自動整形を止めるプラグインを発見したので入れてみた。

WP-UnFormating

これはとても単純なプラグインで、オプション設定なども一切ない。
インストールもWordPress 2.7から実装の自動インストールでOK。

使い方は、自動整形してほしくない部分を
[unformat][/unfotmat] ([]は半角)
で囲むだけ。

AddQuicktagプラグインに登録しておけば便利。

先日からなにをごにょごにょしたかったのかというと、
Google Friend Connectのために専用ページ(上のメニューから飛べるページ)を作ろうとしていたのだ。
で、JavaScriptとかdivとかたんまり入ったコードを記入する必要があった。
WordPressの自動整形機能でbrとかが入っちゃうと壊れてしまう。

WP-UnFormatingプラグインで自動整形を止めることができたので、
そのページは公開することができたのだが、
このプラグインも先日のRaw HTMLプラグイン同様、
再編集する際には手動でbrやpタグを除去しなければならない。

そこんとこがなんとかなったらなぁ…。

という理想は未だ実現できるプラグインが見つからない。
まぁ、それでも目的のGFCのコードを埋め込むってことができたのだから、
とりあえずはよしとしよう。

ちなみにRaw HTMLとWP-UnFormatingとどちらも同じ事ができるのだが、
WP-UnFormatingの方は国産で、日本語で説明を読むことができるので、
こちらを使うことにした。


この記事は 2009年02月19日木曜日 の 12:49 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

2 Comments for this entry

  • ゾロメのジャック

    こんにちは。
    実験と探求を繰り返す唯奈さん・・・
    たくましい~~。

    • 唯奈

      >ゾロメのジャックさん
      最早プラグイン探しは趣味ですww
      あたしに英語力があったらもっといろいろ探してこれると思うんですけどね。

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…