病的溺愛シンドローム > WordPress > WordPressコア・本体 > WordPressのデータベース移行【結果】

WordPressのデータベース移行【結果】

Posted on 2009年03月5日 | 1 Comment| Clip to Evernote

昨日書いたように、とりあえず体当たりでWordPressのデータベースを
今まで使っていたMySQL4から、新しいMySQL5に移行してみようと思う。
多分WordPressのお引っ越しにも今後役立ちそうなので細かくメモしておく。

バックアップする

まず、WordPress Database Backupプラグインでデータベースをバックアップする。
容量が大きくなりすぎてメール送信できなくなっているので、そのままダウンロード。

ついでだからFTPでアップロードフォルダのバックアップもする。
wp-config.phpをバックアップする。

データベースをインポートする

MySQL5の方のphpMyAdminにログイン。
ダウンロードしたsqlをインポート。

サイズが大きすぎると言われてインポートできない。

Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

仕方がないので「BigDump」を使うことにする。

びっしり英語が並んでいるけど、とりあえず「DOWNLOAD」と書いてあるところから
zipファイルをダウンロードして解凍。
中身はあっさりとbigdump.phpのみなので、それを開く。

「db_server」「db_name」「db_username」「db_password」のところを
自分の環境に合わせて記入する。
サーバーにbigdumpフォルダごとアップロード。

あたしの場合だと
http://yuina.lovesickly.com/bigdump/bigdump.php
になるんだけど、このアップロードしたbigdump.phpにアクセス。

sqlファイルかgzファイルをアップロードできる画面になる。

が、何度やってもアップロードに失敗する。
ハッスルサーバーの場合ディレクトリに書き込み権限を…
とかいうのは不要な筈なんだが。
仕方がないのでFTPでbigdump/にsqlをアップロードする。

もう一度bigdump.phpにアクセスする。
アップロードが完了したことになってるので、そのまま続ける。
(なってない場合はローカルにあるsqlとかを選択してアップロードするふりをすればOK。)

あっさりさっくりデータベースのインポート完了。
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

必ずbigdumpをFTPで削除すること。
誰でも使えてしまうので。

WordPressで新しいデータベースを指定する

最初にダウンロードしたwp-config.phpを開く。
データベースサーバー(必要があれば他も)を変更する。
FTPでwp-config.phpを上書きアップロードする。

確認する

ちゃんとMySQL5で動いてるかな?

Diagnosisで確認。

Diagnosisで確認。

Diagnosisは管理画面からWordPressのあらゆる情報を見ることができるプラグイン。
ちゃんとMySQL5になってる。
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

プラグインが何かエラー吐いてるとかはない…と思う。

何かおかしなところを見つけたら教えて下さいm(_ _”m)ペコリ


この記事は 2009年03月5日木曜日 の 12:59 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

1 Comment for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…