病的溺愛シンドローム > 中の人 > 日記とコラム > Flashを表示させたページがW3Cと仲良くできない件

Flashを表示させたページがW3Cと仲良くできない件

Posted on 2008年02月16日 | 1 Comment| Clip to Evernote

ようやく仕事が1つ片付きそうです。
長かったなぁ…。
無茶なクライアントに泣かされながらも、無事最終段階に入って一安心。
これで僕眠れるんだね。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!
この蓄積された寝不足を解消するために三日くらい寝てたいです。
三日は無理としてもフルニトラゼパム4つくらいいっとく?
それはおいといて。
なんとか適当に誤魔化したけど、気になってることがあります。

Flashを表示させたページがW3Cと仲良くできない件。

embedは使っちゃいけないようだけど、objectにはidすら入れられない始末。
どのブラウザでも一応表示されるように…と考えると、自動でflashインストールさせるように誘導とか、バージョン検出とか無理ぽ。
ってかね、現状embedの方がサポートされてると思いませんか?
embedを今更廃止してobjectに統一ってのが無理あるんじゃないかと小一時間…(ry
結局W3Cを気にして、どのブラウザでも表示されることを気にして作ると、objectにdataとtypeだけ突っ込んでサイズ指定しただけの寂しい物体の完成。
まぁ表示されればいいんだけどね。
最近ではflashがインストールされてない環境も少なくなったし、ムービーの圧縮のチェックも外して作ってるし、バージョンチェッカーだの自動インストールだのはいらないと思う。うん。
未だに800*600の画面のユーザーを気にしてテーブル幅決めてるのに、flashが入ってないユーザーを無視するのはいかがなものか…とも思うんだが。
まぁいいんだ…。クライアントさえ満足すれば…。
SEO気にする割に、その狭い考え方はなんだと自分に突っ込みたくなるけども。

まぁアレだ。
疲れた人の愚痴だから気にしない。


この記事は 2008年02月16日土曜日 の 1:44 PM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

1 Trackback or Pingback for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…