病的溺愛シンドローム > WordPress > プラグイン > Twitter > WordPressとTwitterの連携プラグイン→Tweetable

WordPressとTwitterの連携プラグイン→Tweetable

Posted on 2010年02月13日 | 21 Comments| Clip to Evernote

WordPress の投稿を公開したときに Twitter に投稿したり
WordPress の管理画面から Twitter につぶやいたり
WordPress の管理画面でTLを眺めたり
サイドバーにつぶやきを表示したり…
ってことができる WordPress プラグイン

Tweetable

をインストールしてみた。
ちょっと難しかったので自分のためにメモ。

Tweetable インストール画面1

Tweetable インストール画面1

インストール

いつも通りプラグインディレクトリにアップロードして有効化してから
左側のメニューに追加される「Twitter」からTweetable のインストールをする。
まず最初の画面が上の画像。
Twitter にアプリケーション登録をするので「Register Application」をクリック。
Twitter のアプリケーション登録画面が開く。

Twitter にアプリケーション登録

アプリケーション登録

アプリケーションアイコンは別に必要ないらしい。
Application Name にサイト名、
Description に概要、
Applicatin Website に登録する WordPress のURL、
Application Type は Brrowser を選択、
Callback URL にさっきの画面(Tweetableインストール画面)に書いてあるURLをコピペ、
Default Access type は Read & Write を選択して「保存する」。
Consumer Key と Consumer Secret が生成されるので控えておく。

Tweetable 手順2

Tweetable 手順2

Tweetable インストール画面に戻って「Continue」して Step 2 へ。
先ほど生成されたConsumer Key と Consumer Secret を入力。
「Save and Continue」をクリックして Step 3 へ。

Twitter ユーザーネームを入力する画面になるので
ユーザーネームを入力して「Save and Continue」をクリックして Step 4 へ。

Tweetbale 手順4

Tweetbale 手順4

Twitter アカウントにサインインする。
「Sign in with Twitter」をクリック。
Twitter のアクセス許可画面が出るので「許可する」と WordPress 側に戻る。

Tweetable 手順5

Tweetable 手順5

表示されているアカウントが間違ってないか確認して「Finish!」で完了。

Tweetable 設定画面

Tweetable 設定画面

左側のメニュー「Twitter」→「Settings」から設定する。
ユーザーレベル、短縮URL、投稿に Tweetmeme ボタンを表示するか、
投稿を公開したときに自動的につぶやくか、
自動的につぶやく場合に発言の前に付ける言葉、
Google Analytics のキャンペーンタグを付けるか、
Tweetable のスタイルシートを使わない
などを設定して「Save Changes」で保存する。

タイムラインを表示する

TLを表示

TLを表示

「Twitter」→「Tweet」で自分のタイムラインが見られる。
リプライやRT機能もあって、Twitter クライアントを立ち上げておく手間が省けるかも。
WordPress の管理画面をいつも開いてるような場合は便利。

Twitter検索

ハッシュタグで見る

ハッシュタグでも見られる

「Twitter」→「Track」からは Twitter 検索ができる。
最初から #wordpress とか自ブログ名が入ってる。
このブログがRTしてもらえてたの知らなくてびっくりしたw
「New Search」に新しく追いたいハッシュタグとか追加しておくと便利。

ダッシュボードからつぶやく

ダッシュボードからつぶやく

ダッシュボードからつぶやく

WordPress にログインして最初に見るダッシュボードに
Twitter につぶやくウィジェットが追加される。
つぶやく習慣がなかったり忘れがちだったりなあたしに便利。

サイドバーのウィジェットに表示する

Tweetable ウィジェット

Tweetable ウィジェット

Widget Title Link に自分の Twitter のURLを入れておけば
Widget Title からリンクされる。
Number of  Tweets to Show は、いくつ表示するか。
Show follower count にチェックを入れるとフォロワー数が表示される。

表示してみたところ

表示してみたところ

Twitter アイコンが表示できたりしないし、つぶやきへのリンクもない。
ホントに表示するだけって感じ。
ウィジェットタイトルでリンクしてるからいいのかもしれないけど。

蛇足

今まで Twitter に投稿を流すのに WP to Twitter を、
自分のつぶやきをサイドバーに表示するのに Twitter Widget Pro を、
と2つのプラグインを入れていたんだけど、
プラグインの数を減らしたかったので1つでできないかな。
Twitter Tools ではできるけど、どうせならまだ使ってないプラグインを試そう。
と思ったのがきっかけで今回のプラグインを試した。

でも…今頃思い出したけど、フィードバーナーでブログの更新は流せるんだよね。
(※集客支援→Socialize)
このドメインで短縮URLが(WordPress の短縮URLが)使えないなら
プラグインである必要はないかなぁ…とか。(WP to Twitter はできる。)
投稿を公開するときに「この記事は Twitter にポストしないでおこう」とか、
そういう細かいことをができないってのはあるけど
「Don’t Tweet this post.」って今のところ殆ど使ってない…。
サイドバーの表示は Twitter Widget Pro の方が好きだし…。
ってことで、このブログでは Tweetable 使ってないっていうオチw
3ヶ月後にはまた違うプラグイン探してるかもしれないけどね。


この記事は 2010年02月13日土曜日 の 10:07 PM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

4 Comments for this entry

  • RYO

    病的溺愛シンドロームさん見ながら導入!そして、ブログにそのままメモらせて頂きました!ありがとう!参考になりました。

    • 唯奈

      >RYOさん
      ありがとうございます^^
      今は日本語化が進んでいるんですね。
      もう一度復活させようかな…とむずむずしてきましたw

  • pon

    初めまして、教えてください。
    Tweetableのブログ拝見しました。
    Tweetableの
    日本語化、DBでのやり取り、呟きの仕分けなどはかのうなのでしょうか?

    初めてで大変申し訳ないのですが、アドバイスお願いできませんか?

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 唯奈

      >ponさん
      コメレス大変遅くなって申し訳ありません。
      現時点ではTweetableを利用していないので分かりません。
      ごめんなさい><;
      インストールだけしてみた当時の(曖昧な)記憶だと、ツイートを仕分けして表示するような設定はなかった気がします。。。

17 Trackbacks / Pingbacks for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…