病的溺愛シンドローム > web制作あれこれ > サイト作成コラム > google adsenseでマルチパレットを活用する

google adsenseでマルチパレットを活用する

Posted on 2008年12月5日 | 5 Comments| Clip to Evernote

google adsenseについて書いたのでもう1つ。

同じデザインだと見慣れてクリック率は下がるらしいよ。
反対色を使って目立たせるのも効果的。
でもそれもやっぱり見慣れるんだよねぇ。

という対策にマルチパレットを使うと便利。

adsense設定からカラーパレットへ行って、反対色のパレットを作成しておく。
adsenseの管理から現在使用している広告の設定を編集
もしくは新規に作成して、
カラーを選ぶ画面で「色」のところからパレットを選択。
一番下の「マルチパレット」を選択。
そこから複数のパレットを選択する。
選べるのは4つまで。

これで選択したカラーパレットからランダムに表示される。

具体的には…
1.通常のリンク色
2.そのリンク色の反対色
3.少し暗くしたり薄くしたりした反対色
4.サイトに使われているアクセントカラーなど
をカラーパレットに作っておくといい感じ。


この記事は 2008年12月5日金曜日 の 4:12 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

5 Comments for this entry

  • 国際結婚SE

    お、マルチパレットなんて機能があったんですか、知りませんでした。
    早速今度やってみます。(今、ちょっと時間がないので)

    役立つ情報をありがとうございます。

  • ろぷ

     アドセンス、ウチは同系色にしてから五倍に跳ね上がりました。
     以前は引用符とかに使っている反対色で目立たせていたのですけれどもね。それだと逆に目立ちすぎてスルーされていたのかもしれません。
     あるていどは紛れさせる、でもあることに気付くことができるていどの目立ち方がいいってことでしょうかね。
     ……そんなの、むずかしすぎてわかりません。_| ̄|○

  • 唯奈

    >国際結婚SEさん
    あたしも最近知りました。
    是非活用してみて下さい^^v

    >ろぷさん
    広告の背景色については、サイトの背景色と同系色にし、サイトの溶け込ませた方が効果的かもしれません。
    ただ、今まではgoogleがそう指南していたのですが、配色を背景に溶け込ませることについてgoogleがNoと言い始めたので、今後は今までのテクニックが使えなくなる可能性があります。
    参考↓
    http://adsense.blogspot.com/2008/03/another-look-at-optimizations.html
    広告は、まわりのコンテンツとはっきり区別できるようにしなければなりません。
    とのことですので、溶け込みすぎないように気を付ける必要があると思います。
    ちなみに記事で書いた反対色については、主にリンクのカラーです。
    サイトで使われているリンクの色とは違う色にしてみると目にとまりやすくなります。

  • さん

    アドセンスあるけど、ただ貼ってあるだけ。当然活用できていない。
    こういう話聞くとやらなきゃなぁって思うけど、なんかめんどくさい。
    というか、通常人の感覚ないアホだから、どうすれば効果あるのか結局わかんない。
    唯奈さん、今度来て教えて~(^_^)/ゴロゴロ
    やっぱやるからには放置はいかんね。

  • 唯奈

    >さんさん
    adsenseは貼りっぱなしで大丈夫な手間のかからないものだと思いますよ^^
    マルチパレットでリンクカラーを4色作っておけばランダム表示してくれますしねb
    あまり期待しすぎてもアレですけど、アクセス数に伴ってチャリチャリと収益が上がるのは励みになりますね^^v

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…