病的溺愛シンドローム > web制作あれこれ > お役立ちツール > 【まとめ】Norton 360のバックアップと復元について

【まとめ】Norton 360のバックアップと復元について

Posted on 2008年11月29日 | 5 Comments| Clip to Evernote

またもや脱線シリーズで申し訳ない。
ハードディスクの交換で何かと苦労したものだからメモを残しておきたい。
この記事でPC環境にまつわる脱線記事はひとまず終わり(の予定)なので許して下さい。

先日ハードディスクを交換したときに、Norton 360でDドライブにバックアップをとり、
Cドライブを交換後Norton 360でDドライブからデータを復元しようとして
見事に失敗したのだが…
何故復元ができなかったのか納得がいかなかったので
シマンテックのチャットサポートを利用して問い合わせてみた。
最初(時間が深夜だったので)メールサポートを利用したのだが、
日本語が意図したように伝わらなくて、何度かやりとりしても意思の疎通が図れず
噛み合わないやりとりをしてうんざりしたので、チャットを利用することにした。
(なんでサポートがみんな中国人なんだYO!という点は仕方がないと思って諦めるw)

まずあたしがやったことは以下。

Norton 360 1.0を1年間利用していて、バックアップはDドライブに作成していた。
その後期限切れになったのでNorton 360 2.0を購入。
上書きインストールができなかったのでNorton 360 1.0をアンインストール。
Norton 360 2.0をインストール。
Norton 360 1.0のバックアップデータが残ったままのDドライブに、Norton 360 2.0で完全バックアップを上書きで保存。
ハードディスク(Cドライブ)を交換。
新しいハードディスク(Cドライブ)にNorton 360 2.0をインストール。
Norton 360 2.0を起動して復元しようとしたが「復元元」の一覧には何も表示されない。
バックアップの設定でバックアップ先をDドライブに設定してみても、復元元にはDドライブが表示されなかった。

問題点その1:Norton 360でバックアップとったのに復元元に表示されない

原因:Norton 360 1.0とNorton 360 2.0ではバックアップ方式が違うため、1.0でバックアップしたバックアップデータを2.0で復元しようとしても見つからない。
完全バックアップをとったのは2.0だったが、1.0のデータを元にして増築バックアップした状態になり、バックアップデータのファイルは1.0の格式だった可能性が高い。
その原因により復元元に見つからなかった。

データ形式が1.0だったので、フォルダ構成がバックアップ元と同じ状態になっていたので、手動で必要なデータをコピーして対処した。
データの復旧が終わったので、今度はバックアップに使っているDドライブをフォーマット。
現在のCドライブをNorton 360 2.0で完全バックアップをDドライブに作成。
ちゃんとバックアップとれてるのかしらー?と不安になったのでDドライブを見てみると、
「N360_BACKUP」というフォルダの下に英数記号の長い名前のフォルダが作成されていて、その中にはずらーっと英数記号の名前のフォルダが並んでいた。
バックアップ元のフォルダ構成ではない。

Norton 360 2.0でバックアップしたデータ
↑クリックで拡大

これでは何がどう保存されているのか分からないし、一部データだけ手動でひっぱりたい時には利用できない。
確かNorton 360 1.0の時にはこんなじゃなかった筈…。
2.0になってからこういう形式になったんだろうけど、不便だからバックアップ元と同じ形式でバックアップをとりたい。
なんとかならないものか。

問題点その2:Norton 360のバックアップを通常のファイル形式で保存したい

回答:Norton 360 1.0の場合は普通の形式で表示され、Norton 360 2.0の場合は現在のような形式で表示される。
(仕様です。ってヤツだね。)
普通の形式でバックアップデーターを展開したい場合は、1.0でバックアップをとる必要がある。

以前の1.0の期限が既に切れていて、2.0のCDを買ってしまったのだが、シマンテックのチャットサポートにプロダクトキーを伝えると、1.0でも使えるようにプロダクトキーを操作してもらえた
これによって、他のパソコンでも1.0に戻さなければいけないなどのことはなく、2.0のままでも使うことができる。
このパソコンは1.0に戻したいので、一度2.0をアンインストールしてから1.0をインストールする。
以前はたしかLive Updateで2.0になったような気がするが、確認したところ、1.0をインストールしても再度Live Updateにて2.0に更新されることはないそうだ。
ウイルス定義や通常のコンポーネントはちゃんと更新される。
ちなみにNorton 360 2.0から1.0にしたときのデメリットは、多少な機能の設定方法が違うだけで、1.0にしても機能的にはほとんど変わりはないそう。

1.0のバックアップを2.0で復元できない、また、来年出る3.0で2.0のバックアップを復元できないかもしれないということ。
これを考えるとバックアップ元と同じフォルダ形式でバックアップできる1.0の方が使い勝手が良さそうだ。
ってか、1.0と2.0と未来の3.0で同じソフトなんだから互換性付けようよ…。
ということもシマンテックに要望を出しておいた。

あぁ、疲れた…orz


この記事は 2008年11月29日土曜日 の 2:43 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

5 Comments for this entry

  • cyah

    アドビのイラストレーター(DTPソフト)以上に迷惑な仕様ですね、それ。イラストレーターだと同じバージョンで開かないと正常に表示されない場合があるので、必ずバージョンチェッカー通してから開くのですが、前のバージョンのデータとまるっきり形式が違う上に、下位データの互換が無いのは、詐欺に近いですよ。

  • 唯奈

    >cyahさん
    ちょっとこれには参りました。
    なんのために毎年ノートンを使い続けてると思ってるのかと…( ̄。 ̄;)ブツブツ
    バージョンが違うと正常に表示されないことがあるのはオフィス系もそうですね。
    でも互換性がない訳じゃないからあまり気にしてないんですけど。
    ノートンの仕様にはがっかりしました。

  • 国際結婚SE

    調査も含めてお疲れ様でした。

    バックアップとリストアって、基本的には短期間に行う(古過ぎるバックアップデータはログとしての意味しか持たない)ものだと思うので、機能や保管内容によってデータフォーマットを変えるのは仕方ないとしても、せめて下位互換性を担保するなり、最後にバックアップしたバージョンのフォーマットにはして欲しいですね。

    私は仕事上で指定がない限り、Windowsのバックアップツールは使った事がないのですが、ノートンってそんな殿様商売的なしようになっているのですか・・・。まあ、セキュリティ・ソフトでは実際殿様か。

  • みき」

    こんばんは

    夜分、恐れ入ります
    『お小遣いどんとこい!』
    を運営させていただいてます。

    無料または小金でこずかい稼ぎが
    出来るものばかり、集めています。

    よろしかったら
    ぜひ、
    お立ち寄りください

  • 唯奈

    >国際結婚SEさん
    そうなんですよね~。
    手軽にバックアップとリストアできなきゃソフト使ってる意味がないのデス。
    ノートンは価格的にも殿様ですね(´ー`)┌フッ
    多機能だから仕方ないのか…。

    >みき」さん
    宣伝お疲れ様です。
    次回は削除します。

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…