病的溺愛シンドローム > WordPress > プラグイン > データベース > データベースのお掃除プラグイン→Clean Options

データベースのお掃除プラグイン→Clean Options

Posted on 2010年01月20日 | 10 Comments| Clip to Evernote

この WordPress では頻繁にプラグインをインストールしたり削除したりを繰り返しているし
データベースにゴミが残っていてトラブルを引き起こしていたこともあるし
お掃除しなきゃなぁ…と思いつつ殆ど手つかずだった。
だってどれが不要な行か分からなかったりして、
心配だからそっとしておこう…みたいな感じで…結局削除できなかったりするんだ。

そんなあたしの救世主的なプラグインを発見。
wp_options テーブルから、孤立している(使われていない)オプションを探して教えてくれる
とんでもなく便利そうで、ある意味危険な香りもする WordPress プラグイン。

Clean Options

データベースから消す=失敗したら大惨事 な気がするので
ちょっとドキドキしつつレッツ・トライ♪

Clean Options

Clean Options

いつもどおりプラグインディレクトリにアップロードして有効化して
「ツール」→「CleanOptions(数字)」を開く。
数字はオプションテーブルにある行数。

チェックボックスの1つめにチェックが入っていることを確認して
(WordPress のコアオプションを表示しない)
「Find Orphaned Options」をクリックする。

ダブルチェックオプションと孤立してるオプションが表示される

ダブルチェックオプションと孤立してるオプションが表示される

もう使っていないプラグインの名前が結構出てきた。
同時になんだか分からないオプションも多数…。
分からないオプションはリンクをクリックするとGoogle検索できる。
この場合「aiosp_404_title_format」とかaiospが付くものが多数あったけど
なんだか分からなかったので、横に表示されたリンクをクリックしたら
All in One SEO Pack のものだと判明。
そういえばインストールしたことがあったけど、今は使ってないのでこれらは全部いらない。
これを繰り返して必要のないオプションにチェックを入れていく。
間違えて利用中のプラグインのオプションを削除しないように注意。
検索しても分からないものはそっとしておく方向で…。

次に進むと先ほど選択したオプションを見ることができる。
option_name と option_value  をよく見て本当に削除して大丈夫か確認。
もしもの時のために必ずバックアップをとろう

本当に削除していいなら「Yes」を選択

本当に削除していいなら「Yes」を選択

「Yes,Remove ALL of these options from the WP_options table.」を選択して
「Submit」をクリックすると削除される。

消えました

消えました

削除が完了して最初に戻る。
もっとお掃除するには同じ手順を繰り返す。

孤立してるオプションを探し出して削除するのが全自動だったら
とんでもなく危険極まりないプラグインだけども、
このプラグインは自分で確認しながら削除できるし、
心配なものはそっとしておくことができるから安全だ。
Clean Optionsをインストールするときはかなりドキドキしたけども
心配するような危険はないと思う。
自分の判断ミスっていう危険ならあるけども、それは自己責任で(・∀・)

それにしても不要っぽいオプションがいっぱいあるものだなぁ。
このブログでは記事にはならないプラグインも含めて、
多いときは1日10個くらいのプラグインをインストールしては削除…を繰り返してるし
そりゃぁDBにゴミが溜まるよな。としみじみ。
なんだか凄い行数削除できたので、ついでにDBの最適化もしてみた。
これで少しは快適に動作するようになったかしら…?w


この記事は 2010年01月20日水曜日 の 10:36 PM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

8 Comments for this entry

2 Trackbacks / Pingbacks for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…