病的溺愛シンドローム > WordPress > プラグイン > コメント > リンクを新しいウィンドウで開くアイコンを自動で追加

リンクを新しいウィンドウで開くアイコンを自動で追加

Posted on 2009年05月15日 | 3 Comments| Clip to Evernote

記事中の外部リンクは新しいウィンドウで開くように”_blank”を付けているけど
コメントのリンクは新しいウィンドウで開かないのが不満だった。
そこで新しいウィンドウで開くようにするプラグインを探してみると
新しいウィンドウで開くアイコンを自動で追加するWordPressプラグインを発見した。

Auto External Link

_blankを付けないで記事を投稿しても、
自動的にリンクの後ろに新しいウィンドウで開くアイコンが挿入される。

新しいウィンドウで開くアイコン

あたしがよくやっちゃうのが、プラグイン画面からコピペするから、
プラグインのサイトを別窓にするの忘れるんだよね。
そんなときでも新しいウィンドウで開くアイコンが追加されるから便利。

あたしはリンクは別窓で開きたい派だけど、
いちいち新しいウィンドウで開きたくないって人もいるはず。
このプラグインなら(_blankを付けてなければ)テキストリンクは同じウィンドウで開き、
別窓で開きたいときはアイコンをクリックするというふうに
ユーザーが動作を選択することができる。

ダウンロードはAuto External Link プラグインのページから。
インストールはダウンロードしたlzhを解凍。
中に入っているAutoExternalLink.jsをテキストエディタで開いて
設定を変更して使う。
詳しいことは配布元サイトに書かれているんだけど、
あたしがやった設定は以下。

openTypeはwindow.openだと新しいタブじゃなくて、
ブラウザが立ち上がってしまうので、_blankの方が好きかな。

chechAreaは何も入れないとサイト全体に適用される。
サイドバーでもどこでもアイコンがくっついてしまうので
contentにしておけばブログ記事内(コメントを含む)になるのでいいかも。
(え?テーマによって違うの?ワカラナイ;)

exclusionStrは新しいウィンドウで開くアイコンを表示させないリンクの設定。
サイト内リンクを除外したいときに。

anchorObjectを自分のURLに変更する。

あとはプラグインディレクトリにアップロードして有効化。
これで使えるようになる。

欲を言えば設定は管理画面からできたら便利だと思うけど
一度インストールしてしまえば、あとは何もすることはないから
このプラグインはとっても素敵love0033.gif


この記事は 2009年05月15日金曜日 の 12:03 AM に書きました。 
この記事のフィードはRSS 2.0で購読できます。

« | »

2 Comments for this entry

  • cyah

    某レンタルブログだと、写真のサムネをクリックすると直窓がデフォルトなので、写真貼り込むたびにHTML表示に切り替えてタグいじらなくてはならないので、CSS組み込みでもいいから欲しい機能ですね。

    ちなみにライブドアはデフォルトで別窓開きですが、写真は左寄せのみなので、やはりタグいじる羽目になります。(新管理画面だとデフォで写真センタリングが出来る代わりに、タグエディタになってしまいます。前時代に逆行するのはご勘弁!)

    • 唯奈

      >cyahさん
      やはり画像の配置とか細かいところはタグをいじらなければいけなくなりますよね。
      レンタルブログでも自分好みに設定を変えられたら便利なんでしょうけど。
      簡単な部分もあり、物足りない部分もあり、ですね。

1 Trackback or Pingback for this entry

ADgger

堅実に儲かるアフィリエイト

サイトの歩み

2014年2月27日に6周年を迎えます
5周年まであと…